RECOMMENDATION

夢織のおすすめ

ヴィクトリアン セティ<br />
1870年代 イギリス マホガニー<br />

ヴィクトリアン セティ
1870年代 イギリス マホガニー

2011年4月29日、英国皇室ウィリアム王子とキャサリン妃(ケンブリッジ公爵夫人)の結婚式が、ロンドンのウェストミンスター寺院で行われました。歴史ある宮殿と街並みを舞台にした壮大なロイヤルウェディングは、世界中の人々を熱狂させ、しばし夢の世界へと誘いました。
騎馬隊を伴い豪奢な馬車でパレードするプリンスとプリンセス・・・純白のウェディングドレスをまとうキャサリン妃に、どれほどの女性が心奪われたことでしょう・・・

そして、およそ170年前にも、同じ純白のドレスを身にまとい、ウェディングに臨んだ一人の女王がいました。若干18歳の若さで即位したヴィクトリア女王その人です。約64年の長きに渡り英国を統治し、歴史上もっとも豊かな繁栄の時代へと導いたヴィクトリア女王は、アルバート公と結婚し「平和な家庭の象徴」として、英国王室及び国民の理想の家庭像を示しました。

今月の夢織おすすめ商品は、その英国の黄金期、ヴィクトリア時代を象徴する究極の装飾家具「ヴィクトリアン マホガニーセティ」をご紹介いたします。

当時、産業革命による経済の発展は人々の生活に大きな変化をもたらしました。新興の富裕層の台頭に併せて、あらゆる分野で商品が量産されるようになり、1851年の国際万国博覧会(水晶宮博覧会)は、まさにその爛熟度を示す貴重な記録が多数残されています。

家具のセクションでは、当時の優れた職人、デザイナーによる最高の作品が展示されました。入場者数は600万人以上・・・そこで目にした夢のような数々の展示品に人々は憧れを抱き、次第に量産品として市場に出回るようになります。そのような時代の中でも、一握りの富裕層は、自分たちの好みにあった特別な家具を注文しました。
今回ご紹介するヴィクトリアン セティも、究極の装飾家具としてオーダーされたものでしょう。オブジェのような気品溢れる佇まい、そしてエレガントなデザイン・・・当時の栄華を彷彿とさせる気位の高さを感じさせます。

ヴィクトリア時代は、その家のステイタスの証として、内装の趣味の良さ、家具、調度品が大変重要な意味を持っていました。このセティもデコラティブアート、美術作品として扱われていたことをうかがわせる大変繊細な作りになっています。貴族や上流階級のお屋敷にそっとディスプレイされていたことでしょう。

背もたれの三連のカルトゥーシュの装飾、ここにはリボンとマザーパールの小花の象嵌細工が施されています。カルトゥーシュの特徴をリアルに表現している凸状の表面は、マホガニー材の薄い板を型にあてて盛り上げ、さらに象嵌を施すという、職人の高度な技術がうかがえます。マザーパールは高級家具のみに用いられる装飾であり、現代でもマザーパールを用いたアンティーク家具は、コレクター垂涎の逸品として希少価値があります。

漆黒色に近い上質のマホガニー材には、アカンサスの躍動的な彫刻がより重厚感を与えています。贅沢に削りだされた足元には、高級家具に特有のキャスターが付けられています。アカンサス柄の張り地は当時からのものでしょう。大変シックな雰囲気がマホガニーのダークな色味と調和し、上品な雰囲気を高めています。

このセティからどのような光景が思い描かれますか・・・?
ヴィクトリア女王を頂点とした華やかなりし大英帝国の時代に生きた貴婦人が、そっとこのセティに腰かける優美な姿でしょうか・・・
上流階級の人々の優美な夢の世界が、まるで映画のワンシーンのように蘇ってきます。黄金期と呼ばれるに相応しい、大英帝国によって生み出された装飾芸術、珠玉の逸品をどうぞご堪能ください。

  • 1840年2月10日、バッキンガム宮殿の真向かい、セント・ジェームズ宮殿内のロイヤルチャペルで行われたヴィクトリア女王とアルバート公の結婚式です。女王はホワイトサテンのドレスにオレンジの花の王冠、そして胸にはアルバート公から初めてプレゼントされたサファイヤのブローチを身につけていました。この時から結婚式では純白のドレスが定番となったように、ヴィクトリア女王はファッションリーダーとして当時の貴族、富裕層に多大な影響を与えました。

  • アルバート公は公私ともに女王を支えます。特にその功績として名高いのが1851年の国際万国博覧会(水晶宮博覧会)。13,000点以上もの作品が展示され、また工業製品が紹介された初めての国際万博でもありました。これはその家具展示コーナーの風景です。イギリス家具も当時の最先端の技術、デザインを取り入れた作品が展示されていました。(From Alexander Robertson Collection)

  • ヴィクトリア時代のお屋敷のインテリアの例です。壁面にはたくさんの額絵が、そして名窯の陶磁器がマントルピースやショーケースの中に所狭しと飾られています。ファブリックも華やかな雰囲気が特徴的です。ヴィクトリア時代の折衷様式の家具はその時代を反映した豪華な装飾性の高い家具が人気を博しました。(Parlor in a New York House from the 1850s(上) / Watercolour c1900. Given by Mrs Henry G Dakyns(下))

  • このセティの最大の特徴である背もたれのカルトゥーシュ(Cartouche)。ロープの象形文字で「取り囲む」を意味し、古代エジプトのヒエログリフの文字(記号)の一つです。ファラオの名前を囲む曲線として用いられ、現在も壁画などで名前が楕円で囲まれたカルトゥーシュを見ることができます。15世紀以降になると、紙の端が巻き込まれたような縁取りの絵が、額縁のように描かれるようになり、次第に巻き込みがないメダル状の囲みの文様も、カルトゥーシュと呼ぶようになりました。

  • カルトゥーシュは西洋の建築、家具の装飾文様でよく目にするモチーフです。実際に芸術の分野で用いられたのは、ルネサンス期の画家が、紙の端がめくれたような絵の中に署名をしたことから始まったとも言われています。このセティの装飾も、中央が凸状になっておりカルトゥーシュの特徴が表現されています。

  • 全体にアカンサスの彫刻が格調の高さを際立たせています。アカンサスはアンティーク家具では欠かせないモチーフですが、その由来は古代ギリシャ建築のコリント式オーダー(柱頭にアカンサスの装飾がある)の伝承に遡ります。「古代ギリシャ都市コリントスの若い娘が死に、乳母は籠に入れた遺品にタイルを被せ、墓前に供えていたところ、春にアカンサスが芽吹き、その籠ごと押し上げていました。その光景を見て感動した彫刻家が、アカンサスを柱頭装飾に用い、コリント式オーダーが創り出されました・・・」

  • アカンサスは生命力の象徴として、その力強さが人々に生きる希望を与え、愛され続けてきたのです。線の細いフレームは上質のマホガニーの証と言えます。150年近く経た今も変わらずその状態を保ち、気品ある佇まいを放ち続けています。お部屋を彩り格調を高める美術作品として作られたこのような装飾家具は、現代では模倣することの出来ない歴史的価値を体感させてくれます。

  • このセティも貴族や上流階級のステイタスの証として特別に制作されたものでしょう。鑑賞するために、究極のデコラティブアートとして、その家の格式、趣味の良さを表現するものであったことがうかがえます。そのデザイン性の高さ、卓越した技術と上質な材料・・・まさに美へのこだわりから制作された装飾芸術作品であることを確信させます。