PRODUCT FINDER

アンティーク照明

シャンデリア
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
S4_0448

アンピール様式 ブロンズアラバスター6灯シャンデリア

1900年代

フランス製

ブロンズ(本体)、アラバスター(シェード)

W55cm D55cm H100cm

1804年12月2日。革命後の荒廃したフランスに、再び栄華が花開く時代が到来しました。皇帝ナポレオン1世戴冠式。ヨーロッパの戦場に数々の伝説を創りあげ、英雄の名をほしいままにしたナポレオンは、皇帝の位を手にし、ヨーロッパのほぼ全土を制圧します。そのカリスマ性は政治のみならず芸術にも影響をもたらし、アンピール(皇帝)様式と称される勇壮なスタイルを生み出します。アンピール様式は、スゥエーデン、ドイツ、ロシア…やがてヨーロッパ各国の宮廷で大流行し、今日まで幾度となくリバイバルされて来ました。

今月の夢織のおすすめは、1900年頃アンピール様式ブロンズアラバスタ―6灯シャンデリアです。アンピール様式が、復興され流行した20世紀初頭の作品です。古代ギリシャやローマに触発された、金と黒を基調とした豪奢で古典的なアンピール様式。ブロンズが織りなす重厚なフォルム。ガラスではなく、大理石アラバスタ―がシェードに使用された豪華な演出。このシャンデリアには、従来のアンピール様式の特徴に加えて、1900年頃のフランスの繁栄を象徴する、新しいアートの要素も感じさせます。