RECOMMENDATION

夢織のおすすめ

ルイ14世様式コモード<br />
1900年頃 フランス<br />

ルイ14世様式コモード
1900年頃 フランス

SOLD OUT

 

夢織が誇るCOMMODE・・・創業以来20年、当社オーナーの芸術に対する飽くなきこだわりで、数々の装飾芸術を追い求め、奔走して参りました。
その中で、特にこだわり続けた装飾家具があります・・・COMMODE・・・
そのこだわりは、現地ディーラーにアンティークコモードを見つけて欲しいと常に依頼するほど徹底したものでした。4月のおすすめは、そうして出会うことができた、大変珍しい逸品、1900年代フランス製、ルイ14世様式のコモードです。

太陽王、ルイ14世が生活したヴェルサイユ宮殿は、当時ヨーロッパの文化の中心であり流行の発信地でありました。美の粋を極めた宮殿内の、冬の湖面のように静謐に室内を映し出す大鏡の下に、あるいは、豪華な金細工の額で飾られた王族の肖像画の下に置かれたコモードは、荘厳な空間を創るのに欠かすことが出来ない装飾家具でありました。華麗で、力強く心揺さぶるフォルム。瞬く間にルイ14世様式のコモードは、世界中に広まりました。

それでは、家具を見ていきましょう。天板には、深いボルドー色の大理石が施されています。植物の葉脈のように広がる複雑な大理石の模様、マホガニーの赤みがかった琥珀色、ブロンズの抑制された輝き。それぞれの色彩が重なり合って、洗練された調和を保っています。

側面が描く立体的な曲線。曲線は、やがて外側に反り返る華奢な脚に完結します。そのダイナミックで優雅な姿は、まるで「生き物」がそこに存在しているかのようです。垂直に滑り落ちるマホガニーの濃い木目が、見事にS字型のうねりを強調し、野性的な姿を提示します。このフォルムは、ボンベ(Bombé)型と名付けられ、ルイ14世・その後のルイ15世様式に多く見られる魅力的な形状です。

左右の側面の繋ぎ部分には、太陽王ルイ14世をモチーフにしたブロンズ細工が施されています。太陽神アポロンは、王の象徴であり、力と再生を表すものでした。王の後頭部に、放射線状に太陽光線が描かれているのが特徴です。王の肖像の下には、エキゾチックな球体型のオイルランプが、永遠の炎で王の繁栄を賛美しています。

正面二段の引き出し。一面に、マホガニーの瘤(バール)の幻想的な木目が化粧張りされ、内側を明るい象嵌細工が長方形にトリミングしています。
中央には花に囲まれたロカイユ(岩)型の秘密めいた鍵穴。自然界に存在する曲線美を象徴するモチーフです。

左右には、何とも美しいブロンズ細工の取っ手。フランス王家の紋章である※フルール・ド・リスの中に刻まれた二人の美しい乙女の肖像を、左右からウロコ模様の三日月刀が繋げています。ルイ14世様式の家具には、オリンポスの神々や妖精など神話をモチーフにしたブロンズ細工が好んで使われていますが…陶然とたたずむ二人の乙女は、花の女神フローラと、豊穣の女神フィアナの化身でしょうか。左右に整列する乙女達のアラベスクが、うたかたの夢幻の世界へと誘惑します。引出下部に施された緞帳型のエプロン部分には、魔除けの怪人面。唐草が対称的に囲んでいます。

フランスだけに存在する、研ぎ澄まされ成熟した美意識が、家具の細部にちりばめられ、見る者をいつまでも美の余韻にひたらせます。

部屋の中央に置かれたコモード。堂々たる存在感で、空間全てを包み込み、悠然と全てを掌握しているかのようです。美が人間にもたらす、目に見えない大切な力…高揚感、陶酔、安らぎ、生への意欲…誰よりもそれらを理解し、味方につけ、荒れ果てた大地に光をもたらした、あの王のように。

  • ルイ14世(1638~1715)ブルボン朝第3代仏国王。ブルボン朝最盛期の王で、太陽王と呼ばれました。西ヨーロッパの一国であったフランスを、ヨーロッパに冠たる大国にさせ、ハプスブルグ王朝と勢力を二分するまでに急成長させます。貴族の国内反乱であるフロンドの乱で亡命中、ラテン語や古典など幼少期の帝王学に欠かせない教育が受けられなかった王は、一部で無学だと批判されましたが、その天性の行動力と絶大なカリスマ性は、人々を強く惹きつけたのです。

  • 1653年2月23日、戦乱で荒廃したパリ・プチブルボン宮。その日バレエの舞台に招かれた人々の前に、ギリシャ神話・アポロンの黄金の装束を身にまとった15歳の国王ルイ14世が姿を現しました。驚く人々を前に誇り高い少年王は太陽神に扮して踊ります。「山々の頂きの上、輝き始めた我が姿にすでに皆が感嘆しているが、我はまだ長い道程を歩み出したに過ぎない。」奇しくも、王が舞台で力強く放った台詞が、焦土と化したフランスに希望をもたらし、新しい時代の幕を開けることになります。(「太陽神アポロン」に扮したルイ14世)

  • ルイ14世は、自らを強靭な太陽神アポロンとしてイメージ付けます。芸術を愛した王は、絵画・版画・彫刻・メダルに太陽神として自らを描かせます。宮廷内部はもちろん、自らがフランスカソリック教会の長となった証に、教会装飾にも太陽神のモチーフを配していきます。王の狙いは的中し、国民は王の偉大さに熱狂し、フランスは強大な国家へと発展していくのです。(ジャン・ノクレ画ルイ14世とその家族)

  • 教会勢力が絶大だった中世ヨーロッパ。肉体は卑しきものとされ、舞踏は禁止されていましたが、「人間性復興」を謳うルネサンスを契機に、イタリアで再び舞踏の素晴らしさが見直されるようになりました。1522年、アンリ2世にフィレンツェの名家メディチ家からお輿入れしたカトリーヌ・ド・メディシスは、テーブルマナーやアイスクリームと共に、バレエをフランス宮廷にもたらします。以降バレエはフェンシングや乗馬と並び、上流家庭の子息の教養として定着しました。(図はヴェルサイユ宮殿での宮中バレエ)

  • パリから南西へ22キロ。ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世が手掛けた世界最高の宮殿と賛美されました。起床の儀式、礼拝、会議、散策…王の一日は分刻みで計画され、外国人を含む一般の人々にも公開されていました。王族、宮廷要人、楽士、合唱隊を引き連れた王は、広間から回廊、礼拝堂へと移動し続け、人々に権威と統制力を誇示します。王にとっては生活自体が政治であり、宮殿は劇場でありました。

  • アンドレ=シャルル・ブール(1642~1732)は財務総監コルベールの絶賛を受け、国王の家具師として推薦された人物。当時始まった自由貿易はフランスに全く新しい素材をもたらしました。象牙、鼈甲、日本製の漆、貝・・・それらで製作された創造性と豪華さに富んだ装飾家具は「ブール様式」として家具製作の世界に革命を起こしました。このコモードが製作された1900年代、ブールのスタイルはリバイバルされ、再び模倣されていました。写真右のように家具の壊れやすい部分にブロンズを施すのは、ブールから始まりました。

  • コモードは代表的な装飾家具です。ルイ14世のヴェルサイユ宮殿に姿を現わして以来、ヨーロッパで大流行しました。元々は便利な化粧台だったのが、従来の用途を離れて豪華な装飾家具として生まれ変わりました。宮殿内では主に、encoignuresという豪華なコーナーカップボードとお対で設えられました。図はブールが製作したコモード゙で、17世紀の代表的なスタイルです。二つの引き出しと長めの脚はルイ14世・15世期の特徴で、それ以降は引き出しが三つ以上に増えて、脚も短くなっていきます。(図はブールによるコモード)

  • 15世紀、地中から発掘された皇帝ネロの黄金宮殿で壁画が見つかりました。花飾りや天使、人間や動物、渦巻状の植物模様が淡く美しい色調で対象的に壁面に描かれていました。16世紀、その幻想的な文様に衝撃を受けた画家ラファエロは、バチカン宮殿の内装に取り入れます。ルネサンスがヨーロッパ中に拡張するにつれ、この地中=洞窟(grotto)から発見された文様、グロテスク文様は、ヨーロッパ装飾美術に欠かせない要素となりました。このコモードのブロンズ細工にも、影響は色濃く現れています。(左図はエステ荘のフレスコ画)