RECOMMENDATION

夢織のおすすめ

ジャスパーウェア陶板装飾クレデンザ<br />
イギリス 1860年頃<br />

ジャスパーウェア陶板装飾クレデンザ
イギリス 1860年頃

SOLD OUT

 

1774年、4年の歳月を経て、ウェッジウッド創始者ジョサイア・ウェッジウッドは、念願の作品試作に成功しました。古代ローマ、ギリシャ美術に魅入られたジョサイアは、偶然目にした古代のカメオガラス「ポートランドの壺」に感銘を受け、陶器でカメオを再現しようと試みたのです。心血注いで繰り返された実験は数千回、使われた色のサンプルは3000種。陶器で再現したカメオは、釉薬を塗らず、着色した素焼状の地に、白く神々の彫像を浮かび上がらせたものでした。乾いた地肌の風合いが色彩を柔らかく引き立たるその※1炻器(せっき)は、ジャスパーウエアと名付けられます。1790年、ついにジョサイアは、ジャスパーウエアで「ポートランドの壺」を再現しました。
ジャスパーウエアは壺、プレート、カメオ、ティーセットなどに製品化され、ウエッジウッドの代名詞となりますが、特にカメオやメダリオンを用いて、多くの優れた室内装飾が生まれ、ヨーロッパの上流階級を魅了しました。

今月のおすすめは、1860年代イギリス製ジャスパーウエアのクレデンザをご紹介いたします。

さて、家具を見ていきましょう。
本品の特徴としてまず上げられるのは、保存状態が極めて良いことです。水分、ホコリからもダメージを受けやすい高級素材の家具が、150年の時を経て美しい姿を今日まで留めているのは、持ち主の邸でいかに大切に手入れされていたかを物語っています。

ジャスパーウェア陶板 (photo 1)
中心に、ジャスパーウエアのカメオが飾られています。「ウェッジウッドブルー」と称される明るいペールブルーの円形カメオに、浮かぶ花の女神フローラの姿。衣は心地良い風に舞い上がり、左手にかかげられた花綱から、みずみずしく甘い香りが立ち上って来るようです。神々の国、永遠の花園に遊ぶ豊穣の女神の姿が、神聖に表現されています。周囲を精緻な唐草模様の象嵌細工、さらに幻想的な色調の※注2バールが囲み、優美な大団円は天井画装飾の構図をなぞっておごそかな均衡美を実現しています。
新古典主義の様式美 (photo 2・3)
新古典主義の様式美が、この家具の至る所に見られます。中央扉の左右対称に、コリント式の柱。細身の柱身にもバールが使われ、古典建築様式のデザインに忠実に溝が掘り込まれています。台座と柱頭には真鍮に金メッキを施した「美の象徴」アカンサスが家具に風格を加えています。また、左右の飾り棚は、損なわれず製作当時のままの波型ガラスで覆われ、棚に敷き詰められたシャンパンゴールドの厚いシルクの布が、家具に堂々たる品格を与えています。
ヴィクトリアンインレード(photo 4・5)
家具上部に中央・左右と施された象嵌細工。花・植物・天使等が連続的に描かれるローマの遺跡に発見された「グロテスク文様」の影響がみられるデザイン。丁寧な手仕事が、繊細な草花のしなやかさを表現しています。象嵌細工は、贅沢にも天板にまで施されています。ガラスの縁、カメオ細工、正面扉をトリミングするビーズを連ねた彫金細工。丹念に創り上げられた細部のデザイン全てが、上質のマホガニー材に見事な調和を保って浮かび上がります。諸部分の計算しつくされたバランスが、古代ギリシャ・ローマの美意識を至高の洗練に昇華させます。

大英帝国…伝統と繁栄が創り出した様々な遺産…誇り高い気質は失われることなく、その歴史が生み出してきた美の産物それぞれに、今も息づいています。

  • イギリス各地に点在する貴族の館の多くにある「ウェッジウッドルーム」。壁や天井に漆喰で地色を塗り、白いレリーフや装飾的な縁取りを施して、ジャスパーウェアのように創りあげられた部屋には、ウェッジウッドのコレクションが飾られています。貴族階級にとっても「ウェッジウッド」は特別な存在です。写真は英国上流社会に新古典主義を流行させた建築家ロバート・アダムが手掛けたマンスフィールド伯爵邸(Kenwood House)のウェッジウッドルーム。

  • ジョサイア・ウェッジウッド(1730 - 1795)
    「イギリス陶芸の父」と称されるジョサイヤ・ウェッジウッドですが、窯の中の温度を測定する「パイロメーター」を発明し、現存する最も歴史ある科学学会、「王立協会(The Royal Society of London)」会員に選ばれるという、科学者としての一面がありました。後に、その性質は子孫に受け継がれ、「進化論」を上梓して「近代」の扉を開けたチャールズ・ダーウィン(Charles Robert Darwin)は、ジョサイヤの孫に当たります。

  • 新古典主義
    8世紀後半以降、フランスを中心にヨーロッパで流行した芸術様式。18世紀前半にヘルクラネウムとポンペイの遺跡が発掘されたことをきっかけに、ヨーロッパでは古典的美意識が見直されるようになりました。調和と均衡を重んじる古典に回帰し、近代的な洗練を加味することで新古典主義という美意識が構築されました。写真は、ポンペイ遺跡の豪商ヴェッティ邸。

  • ウイリアム・ハミルトン(1731-1803)
    イギリスの外交官、火山研究家、美術品収集家。ナポリ王国・シシリア駐在中に、遺跡出土物を収集し古典美術の造詣を深める。イギリスに持ち帰った膨大なコレクションの中に、ジョサイヤ・ウェッジウッドを虜にした「ポートランドの壺」(写真右)がありました。後に小説・映画化された妻エマとイギリス海軍一の英雄ネルソン提督との三角関係は、ヨーロッパ史上有名なロマンス。

  • クレデンザとは
    19世紀半ば以降に流行した、象嵌細工が施されたディスプレー用の家具。起源はルネサンス期16世紀イタリア。Credenza とは毒見のことで、最初は毒見が行われる部屋のことを指したが、後に毒見で使う家具のことを意味するようになる。写真は、「カンタレラ」という毒薬を使って政治を操ったと噂されている、イタリアルネサンス期の軍人チェーザレ・ボルジア(ヴァレンティーノ公爵)を描いた「チェーザレ・ボルジアと一杯のワイン」

  • ソフィア・シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ(1744-1818)
    英国国王ジョージ3世王妃。植物や音楽を愛し、モーツァルトのパトロンとしても知られていたシャーロット王妃は、献上されたウェッジウッドの「クリームウェア」に目を留め、魅了されます。王妃は、1762年ウェッジウッドにPotter Her Majesty(女王陛下の陶磁器)の銘を与え、以来ウェッジウッドの製品にはQueen’s Wareと書きこむ特権が与えられました。

  • エカテリーナ2世(1729-1796)
    1762年、ウェッジウッドの評判を聞きつけた北方の大国ロシアの女帝エカテリーナ、花模様のディナーセット「ハスクサービス」や、「チェスメ宮」(別名「蛙の宮殿」)のために蛙をあしらった952点50人分のディナーセット「フロッグサービス」を注文します。また、ロシア系スコットランド人建築家チャールズ・キャメロンに命じて、エカテリーナ宮殿の中で最も愛した「琥珀の間」のマントルピースや壁を、ウェッジウッドのカメオで飾らせたという記録が残っています。

  • ルイ16世(1754-1793)
    フランスブルボン朝第5代国王ルイ16世は、ジャスパーウェアのカメオを飾った家具を特に好みました。また、スペイン女王マリア・ルイーザもジャスパーのカメオで飾られたグランドピアノを事の他気に入ります。各大国の王族の支持を得たことで、ウェッジウッドはヨーロッパ上流社会で大流行しました。