PRODUCT FINDER

アンティーク家具

チェア/スツール
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
  • ルイ15世様式 ブロンズ象嵌コモード
HAC_0099

リエージュプチポワンアームチェア

1870年代

ベルギー製

ビーチ

W68cm D68cm H120cm

アームチェアの中でも、君主や司教といった位の高い人物が座る椅子として、一脚のみ制作された玉座のような雰囲気を漂わせるリエージュのアームチェア。ロココの華麗で優雅なデザインが特徴のリエージュの家具の中で、このような1600年代のジャコビアン様式を継承したデザインは珍しく、その力強く圧倒的な存在感に、富と権力を誇った当時の持ち主の位の高さがうかがえます。
まず目を奪われるのは、この椅子のために特別にデザインされたプチポワンの深紅の張り地。そこにはバラやチューリップの花たちが大胆に描かれ、まるで一枚の絵画を眺めるように鑑賞して頂けます。ゆったりと肘を掛けられるアーム部にはアカンサスが、そして前貫の装飾部分は、中央に王冠を思わせる彫刻が象徴的に施されています。リエージュの木彫技術の高さを物語る手彫りの装飾は、年代を経た飴色の風合いと相まって一層重厚な雰囲気を醸し出しています。
実際に腰をかけてみると、広く奥行きのある座面と高めの背もたれに、何とも言えない座り心地の良さを体感していただけます。そして、初めてこの椅子を目にした時の感動と、この格調高い椅子に座ることができるという特別な高揚感が、静かに沸き起こってくるでしょう。